https://www.nakao-ken.com

診断とお客様の声

はじめに(住宅診断ホームインスペクション事例紹介の主旨、お客様の本音の「声」)

住宅診断ホームインスペクション事例紹介|お客様の本音(お客様の声)

住宅診断ホームインスペクション事例紹介|お客様の本音(お客様の声)

この住宅診断ホームインスペクション事例紹介では、

  • N(中尾建築研究室)の業務の実際とお客様とのやりとりを、トピックス的にご紹介しています
  • ワンポイント的な知識を、オリジナルの説明図や実際の写真を使ってお話ししています
  • 多少冗長に思われるところもあるかもしれませんが、視覚的に読み流していただいてけっこうです
  • 同業の方からすれば「基本的・あたりまえ」、しかし一般のお客様からすれば「目から鱗」の話題です
  • ただし、個人情報に配慮して、個々の物件・個人が特定されないような配慮はしてあります

住宅診断ホームインスペクション本音の「お客様の声」

住宅診断ホームインスペクション事例紹介|お客様の本音(お客様の声)

住宅診断ホームインスペクション事例紹介の主旨、お客様の本音の「声」を

営業用のホームページでは一般に、自社の強み(選ばれる理由)や、お客様の声(お客様アンケート結果)を載せるのが定石・・・かもしれませんね。

N研-中尾-
私たちN研事務所も、住宅診断ホームインスペクションをご利用頂いたお客様に報告書提出時にアンケートをお願いしています。

お客様の筆跡までも公開するアンケート結果は、実績のエビデンスとしては最高・最強でしょうけれど、 小規模事務所では実際のところ量的にかないません。

無記名とはいえ自筆書面ですから、公開の許可をお願いした上でアンケートを回収するのは容易とは言えません。

さらに一歩踏み込んで、どのようにしたらお客様の本音を聞き出せるか、という思いもあります。

依頼者様からのお礼メールに、気になる一行が...

実は、報告書を提出した依頼者様からのお礼メールに、気になる一行がありました。 たまたま、元から少し存じ上げている方でしたので、少し本音を出してもらった、というのが実際のところです。引用します。

中尾様 診断報告書受領しました。ありがとうございます。週末から用件が立て込み、返信が遅くなり、申し訳ありません。 お忙しい中、短時間でよくまとめられたと感心しています。(略)レポートについては、分かりやすいものの、素人には難しい用語・表現等もありま した。(以下省略)

引用中省略部分は、いわば社交辞令的な内容(つまり、誉め言葉)です。

それよりも、引用最後の一行に依頼者様の本音が滲んでいるように思います。

N研-中尾-
これこそ、「住まいのことば」をめぐる彼我の差、とでも言うべきでしょうか。お客様と私たちとの差。わかりやすく話したつもり、書いたつもりでも、まだまだ…こうしたご指摘をいただいてこそ、はじめて本音の「お客様の声」だと考えます。

そうした思いをもって、この事例紹介を作成しています。今後、ご叱正もいただきながら、折々に内容修正・更新してゆきます。ご覧ください。

「業務の実際と、お客様の声」 目次

診断とお客様の声

住宅診断結果報告、その数ヶ月後に起きたこと(化粧スレート葺き)

戸建てを持つ・・・ということは、維持管理はすべて自己責任。 最近では売り手側も、アフターケアもビジネス機会と捉えて、フォローするところが増えてきましたが、やはり維持管理の主体は所有者様ご本人。 &nb ...

診断とお客様の声

天井裏拝見、そこからつなげた二つのカイゼン(屋根裏 断熱)

  小屋裏(天井裏)の断熱には、「屋根断熱」と「天井断熱」という方法があります。このうち、よく見られるのが天井断熱で、天井裏に断熱材のマットなどを敷く方法です。 このコラムでもよく取り上げる ...

診断とお客様の声

中古マンション:狭すぎるUB(ユニットバス)天井裏、「見えないところを診る」を 実践したら・・・

  ワンルームマンション・イメージ(本文とは関係ありません) 賃貸用マンションは、管理会社が管理し、賃貸人・賃借人それぞれが建物・家財の保険に入る、という契約条件が一般的です。 賃貸中のトラ ...

診断とお客様の声

見慣れた風景、しかし劣化は静かに進行して・・・(劣化診断調査)

私たちが住宅診断で指摘する、いわゆる劣化事象。 ところが、そこに普通に見えているのに、住まい手の方には「見える」のに「見ていない」、ということが意外とあります。 いわば、「風景の一コマ」化してしまった ...

診断とお客様の声

すでに漏水補修は完了、でも、ここから先も要注意…

  台風や大雨で、お住まいの居間やその他の部屋の天井から漏水があった時、さすがにどのお宅でもそのままにはしておきませんね。 以前そのお宅を施工した業者や、あるいは、漏水箇所を直してくれる業者 ...

診断とお客様の声

信頼性が高いと言われる防水、それでも漏水したのは・・・

  最近の木造住宅のバルコニーには、FRP(繊維強化プラスチック)という防水が多く使われています。ほかにウレタン防水やシート防水などが良く知られていますが、金属防水と呼ばれるものもあります。 ...

診断とお客様の声

天井にかすかな染み痕跡、天井裏を覗くには・・・ そして、「継続観察」の結果は・・・

  お住まいの中で、毎日目にする部位、たとえば、壁や天井。 そうした部位にかすかに、さりげなく現れる、劣化のサイン…たとえば、壁や天井の表面のかすかなシミ。 生活するご本人も、指摘されてはじ ...

診断とお客様の声

屋根裏収納が「夏異様に暑い」・・・ なるほど!依頼者様も納得の原因

  ロフトのイメージ(本文とは関係ありません) 戸建て、マンション問わず、収納スペースが足らない、という話はよく聞きます。天井の上に設ける、ロフトや小屋裏収納(屋根裏収納)は、そうした収納不 ...

診断とお客様の声

駆体の頑健さの一方で、長く放置されてきたもの

住宅の劣化事象の中で、雨水の浸入や結露、あるいはシロアリの進入懸念箇所などに着目するのは、ひとつには、それらが腐朽や蟻害の原因となって、木造の柱・梁・土台など住宅の駆体(骨組み)に決定的なダメージを与 ...

診断とお客様の声

床下を覗いたこと、ありますか?(床下構造)

床が張られる直前の床下イメージ(本文とは関係ありません) 戸建て住宅の工事では、1階床が張られてしまうと、床下の状態を俯瞰して見ることはできなくなります。基礎工事、そして床下配管が終わると、土台から駆 ...

診断とお客様の声

天井裏を覗いたこと、ありますか?(天井裏構造)

天井が張られる前の屋根裏イメージ(本文とは関係ありません) 木造戸建ての駆体(骨組み)が組み上がると、その住宅のボリュームがはっきりしてきます。図面段階はもちろん、基礎の段階でも、まだまだどのくらいに ...

長く住める住宅

診断とお客様の声

「長く住める住宅」について考える

長く住める住宅 住宅の購入を考えた人なら、長期優良住宅という制度を耳にしたことがあるでしょう。そして、ネットで見たり説明を受けたりすると、まず税制上のメリットがあることを知り、その一方で技術的な認定基 ...

N 研インスペクション ~ N 研(中尾建築研究室)の住宅診断 お問い合わせ・お申し込み

私たちN(中尾建築研究室)の住宅診断各サービスへのお問い合わせ・お申し込みは、この下の「お問い合わせ・お申し込み」フォームよりお願いいたします。

お問い合わせ・お申し込み

電話( 03-5717-0451 )またはFAX( 同 )でご連絡いただいても結構です。

※ 電話の場合は、業務の都合上対応できない時間もございます。ご了解ください。
※ FAX の場合は、お手数ですが、上記のフォームにある質問項目についてお知らせください。
※ FAX でお申し込みをされる場合は、この書式をダウンロードしてお使いください。
FAX 用お申し込み書ダウンロード

N 研(中尾建築研究室)の住宅診断 ~ 代表が直接担当いたします

住宅診断にはN(中尾建築研究室)代表の中尾がお伺いします。業務の内容によっては、補助メンバーや、ご要望により英語通訳が同行する場合もありますが、 原則代表がメインでご対応いたします。

※検査・調査時に英語通訳者の同行をご希望の場合は、こちら

If you wish to have an English interpreter to be accompanied upon house inspections or surveys, please click here.

Copyright © 2021 n-ken architect office All Rights Reserved.
web created by katori.co.jp